明治22年建立の地歌舞伎小屋「東座」、地域で守り抜いてきた地芝居の文化故辻広氏が選んだパイプオルガン製作工房の地としての文化。古いものと新しいものが文化といて根付いた地域。

Fujiyoshi Organ

故辻宏さんがパイプオルガン製作のため、廃校になった小学校を利用して工房を構えました。現在は藤吉オルガンとして工房が使われています。

Azumaza

明治22年建立。初代名誉館主に故中村勘三郎丈、2代目名誉館主に6代目中村勘九郎丈が就任。地歌舞伎の文化を伝える貴重な文化遺産になっている。

© 2019  by 一般社団法人 白川町移住交流サポートセンター

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now